生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


ジョギング健康法の重大な落とし穴


◆ むちゃくちゃ頑張る人は、死に神ゴールまっしぐら


ジョギングは、心肺機能を高めたり、肥満予防に役立つなど、その効用は大きなものがありますが、やりかたによっては寿命を縮める運動にもなりかねません。



若さをとり戻すどころか、死のゴール目指してひた走るようなものです。
事実、ジョギングやマラソン中に突然倒れるようなニュースは枚挙にいとまありません。

◆ 寒い朝、起き抜けに走るのは危険

最も怖いのが心臓病です。
「奇跡のランニング」というベストセラーを出したアメリカのジェームズ・フィックス氏が52歳の若さでジョギング中に心臓発作で急死したのはよく知られていますね。

40歳以降の人は、肺や心臓の機能が衰え、動脈硬化も進んでいますので、急に思いついたように、今までの運動不足を補おうとすると、過度の負担が体のあちこちにかかり、心筋梗塞や脳卒中を起こす引き金にもなります。

特に、寒い朝、起き抜けに走り出すというのは、まさに自殺行為のようなものです。本格的な運動に耐えれるように、まだ体の準備が整っていないからです。



◆ 自分の脈拍数を知り、実力にあったペースで

つぎに、ジョギングは競争ではないということも認識しておく必要がありますよ。

実力相応のペースをあくまで守ること、その一つの目安になるのが脈拍数で、普通の状態では、1分間に70回前後ですが、運動終了1分後に毎分120回、3分後に100回を上回るようですと、オーバーペースです。

つぎにはペースダウンが必要です。

脈拍は、手首の親指側の動脈に指先を当てて10秒間測ればよいでしょう。
それに6倍すれば1分間の脈拍数が分かります。


◆ 「服装は軽装で、走り終わったらシャワーを」という誤解

服装はむしろ厚着のほうが良いです。

とくに冬に寒い服装は禁物ですよ。

保温性の高いものでフードつきのものが良いです。

夏の日差しが強いときはもたろん帽子を被ること。ランニングのあと、すぐシャワーを浴びる人がいますが、これも危険です。
ランニングのあとしばらく軽い運動をしてからにする。温水の場合でも良くありません。








お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.