生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


スポーツ選手が短命なのはなぜ?


◆ 俗に言う「スポーツ心臓の」の功罪


平均寿命が80歳になった現在、スポーツ選手の「早死」がクローズアップされていますが、その代表例がふつうの人より平均寿命がかなり短いと言われる相撲界です。



中学を出たばかりの年ごろから、厳しい猛稽古で体を鍛え上げ、現役中はひたすら肉体強化に明け暮れる彼らがなぜ短命なのか。

この傾向は相撲界だけでなくオリンピックや国体出場クラスの各種スポーツの名選手、あるいは野球、競輪、ボクシングなどのプロ選手たちが早死にの可能性をうちにかかえていると言われています。

その理由の一つが、俗に言う「スポーツ心臓」。
長年の激しい練習量に耐えてつくりあげた強靱な心臓が、逆に命を縮めるという皮肉な結果を招いています。


◆ 猛練習は心臓や血管をいつも「高血圧」の状態にする

ところで、スポーツ心臓はどのように出来上がるかご存知でしょうか。

過激な運動をすると、その動きに応じて体内の器官や筋肉が活発に働き、この働きを支えるのが心臓から送り出される多量の血液です。
運動量が激しければ、それだけ全身の血液代謝の速度が急ピッチになります。



つまり、運動選手は自分の心臓に対して、こうした過労状態を日常的に強制しているわけです。
その結果、心臓が左右に多きく肥大してボールのような球形に変形するのです。

従来の考え方では、同じ変形ではあっても、こと「スポーツ心臓」は鍛錬の積み重ねからできるもので、逆に機能的にすぐれているとの見方がありましたが、心臓が大きくなってパワーがあっても、心臓機能の元締めである動脈の数は増えません。

「1日に何時間も猛練習する人は、その間ずっと心臓や血管が高血圧の状態」といわれるのはそのためです。

そして、そんな生活が長期間続きますと、外見は鍛え上げられた能力を示していても、心臓や血管はパンク寸前状態になっているのです。

酷使され、消耗し尽くされた心臓が、一般の人より早くその働きをストップするのは自然の理と言えるかもしれません。

いずれにしても、若さにまかしてムチャをすれば、そのツケが人生後半に巡ってくるのは、サラリーマン生活でも同じです。








お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.