生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


「運動中に水を飲むな」は本当か?


◆ 水を飲んでもよい三つの時期


運動中は水を飲むな、苦しくてもガンバレ、と我々学生のごろはよく言われましたが、炎天下でしごかれてきたスポーツマンは多いのではないでしょうか。



汗の量が多くなって、かえって疲れる、おなかがダブダブになって動きが鈍くなる、などがその理由になっていますが、これは常識のウソの一つです。

特に激しい運動では、水を補給しないと脱水症状や血栓症を起こすこともあるというから怖いです。

運動中に水分を補給したほうが好記録が出るという研究データもあります。

水分には、筋肉へ酸素や栄養分を運ぶとともに、筋肉中の老廃物を取り出す働きがあるので、好記録が出るのもうなづけるところです。

その理想は、
@ 体を動かす前
A 総運動量の半分のところ
B 終わったところ
の3段階でそれぞれとることが必要です。



◆ プロ野球も水を飲めば100倍楽しくなる

汗をかくのは、運動によって発生した熱を皮膚から放出させようとする、からだの正常な働きなのです。

それによって、体温を調節するのです。

体内の水分を調節するのは、汗ではなく腎臓の役目。

水分のとりかたによって尿の量は変わりますが、汗の量には何ら変化がありません。

プロ野球の監督でも試合中、練習中に水を飲むなと厳しく注意します。
プロ野球を10倍ではなく100倍楽しくするためにも、選手には水をもっと飲ませたら良いかもしれませんね。






お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.