生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


毎日30分の散歩で血圧が下がり、高血圧に効果


運動健康法の目的は、せんじつめれば、だれにでも必ず訪れる肉体的老化をくいとめ、健康で楽しく長生きすることにあるといっても過言ではありませんね。



◆ 酸素吸収が高まり血管の収縮や拡張の作用が元気を取り戻す

中高年の運動の基本条件は、「のんびり」、「ゆっくり」の姿勢です。
その点、散歩、つまり歩くことは最適の健康法であります。
その効用として、足腰の強化に目が向けられることが多いですが、もう一つ、血圧を下げる効果も見逃せません。

からだ全体の筋肉の約70%が集中している足を動かすことで、まず酸素吸収が高まり、心臓や肺の機能の働きが活発になります。

その結果、全身の血液の流れが良くなり、血管の収縮や拡張の作用が元気を取り戻してさかんになります。
こうした一連の好循環が血圧を下げることにつながってくるわけです。



◆ ふだんよりピッチをあげて歩くのがコツ

歩く健康法はだれにでもできます。
いちばん慣れた運動だからです。

要は、歩くことを意識的に多くするようにすれば確実に効果が生まれます。
一応の目安をあげれば、歩き始めの5分間は準備体操をかねて心もちゆっくり歩きます。

そのあと次第にピッチをあげて20〜30分間、ふだんの歩き方よりも、はや足気味で歩きます。

これだけで少し息が切れてくるはずですから、そのあたりでペースをダウンして5分ほど歩きます。

散歩の往復コースを事前に決めておき、ここで紹介したやり方をためしてみるのも一つの方法です。

とくに血圧が高めの人の場合、1日30〜40分間の散歩を日課にするのが血圧を下げる何よりの健康法と言えましょう。






お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.