生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


万歩計はなぜ1日1万歩?


◆ 1日1万歩で300キロカロリーの消費


最近と言わず、ひと昔前から万歩計の愛用者が多いですが、今のは軽く、デザインもスッキリしていて歩数のほか、歩行距離なども表示されるなど、かなり改良されています。



さて、1万歩の根拠ですが、目標として掲げるには区切りとゴロがいいのと、勤務者の1日平均の歩数(1万歩未満)などをからませて名付けられたようです。

近頃は、過食などによる余分な摂取カロリーが問題となっていますが、1日1万歩を実行しますと、300キロカロリーを消費すると言われています。


◆ 1万歩で運動した気になるのは禁物

歩くというのは大切なことです。
まず、全身運動である点、全身の筋肉と骨の70%が参加するそうです。

次に、ボケ防止に役立つ、大脳の細胞と足の筋肉とは密接な関係があり、歩かないと大脳細胞の老化を早めます。
現実に、1日どれぐらい歩いているのかをみますと、電車やバス通勤の会社員で約8000歩、マイカー通勤で約3600歩ということだそうです。

家事や買い物の主婦が約6000歩とか。
万歩にはまだまだ届かない状況です。

健康のためには、今の2倍か3倍(1日6000メートル以上を、1分間に100メートル以上の速さで)歩くのが理想。
つまり、1万歩あるいたからといって運動をした気になるのは禁物ですよ。








お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.