生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


運動として効果のあるサイクリングのしかたは?


◆ 時速20qのスピードで10分以上、できれば30分を目安に


運動健康法を続けていく上で重要な要素の一つは、「身近にあり、気軽で手軽にでき、しかも継続できる運動」というのがポイントでしょう。
サイクリングはその好例です。



しかし、サイクリングで健康づくりをめざす場合は、スピードと走行時間に一つのルールがあります。
体力を鍛える効果の面で、ただのんびり乗っているだけの走り方では運動量が不足します。

結論から先に言えば、「時速20qのスピードで、10分以上。できれば30分を目安に」がサイクリング健康法の基本ルールと言われています。

時速20qといっても、ピンとこない人もいるかもしれません。
自転車で走行中、無風状態でからだにやや強めの風当たりを感じるぐらいのスピードです。

このスピードだと呼吸はやや乱れる程度ですが、30分間走り続けますと、寒い冬の日でもからだが汗ばんで爽快感が感じられます。


◆ サイクリングは能全体の働きを高める

サイクリングの運動効果として

@ バランス能力を高める
A 脚の筋力強化
B 心臓や肺の機能の強化

などが広く知られています。

このうち特に@のバランス能力のトレーニングは意外な効果がある。
脳の活動をトップコンディションにするというのがそれです。

サイクリング中、バランス機能が働く際に起こる筋肉運動の刺激が、脳幹網様体という脳全体の働きを高める部分に働くためと言われています。

父性喪失、親子の断絶が取りざたされている昨今、親子でサイクリングを楽しみ、体力づくりに励むのは、体力づくりと家族の人間関係にとっても、非常によい結果がでるでしょう。








お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.