生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


朝食は抜いたら、どうなの


◇ 現在は、一日三食を摂るのが当たり前のようになっていますが、別に昔から決まっていたわけではなく、別に一食でも二食でも、自分なりに決めてもよいのではないでしょうか。



現に、ダイエット方法として、朝食抜きの一日二食を推奨している人もいます。


◇ もともと朝食を食べるのは、ふつうのサラリーマンなら通勤電車に1時間も乗って会社に向かうわけですが、それだけで相当エネルギーを使うため、どうしても午前中に朝食を食べてエネルギーを補給する必要があることと、脳の働きも活発にしておく必要があることが原因のようです。

ただ脳の働きについては、朝食を食べても食べなくても、それほど関係がないという報告もあるようです。

◇ もともと、体内時計では、午前中に排泄する人が多いですが、胃腸を休め、排便を促すためにも、朝食は抜くほうがよいし、三食主義は食べ過ぎになり、肥満の増加をもたらしているともいえます。

一方、朝食を抜くことに反対している専門家は、二食にすると、どうしても途中でお腹がすいてきますので、間食でおやつを食べたり、あるいは一食の食事を必要以上に摂る傾向があり、逆に太って肥満になりやすいとも主張しています。

◇ こういう人は、三食を摂っていたとしても、食生活習慣として、ふだんから食べ過ぎている人なのです。

現代人は、仕事が忙しくて、どうしても夕食が遅くなりがちとなり、つい夕食を食べ過ぎてしまい、胃腸に負担をかけているので、朝起きてすぐ朝食を食べるのは、胃腸にとってさらに負担となります。

朝食を摂るとしても、果物と水程度で十分なのです。









お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.