生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


深夜は太りやすい魔の時間


夜食を食べると太るといわれますが、どうして太るのでしょうか。

基本的に「太る」か「太らない」かは、エネルギーの消費量と摂取カロリーの問題であって、エネルギーの消費が大きければ、かならずしも太るという結果にはなりません。



それが深夜に夜食を食べると太るというのは、ふつうの職業であれば、深夜は運動エネルギーが少ないのが当たり前であり、そこにカロリーの高い夜食を食べれば、当然太ってしまうのです。

最近の研究でも、人の体内時計は、夜中は必要最小限の体内エネルギーを消費しているだけであるということです。つまり、本来なら寝ている深夜に食事をしていることになりますので、体内エネルギーの消費は抑えられており、その結果太るというのです。

そのことは、動物実験でも確認されているようです。

マウスを生まれてから毎日、12時間は明るくし、あとの12時間は暗くした環境で飼い続け、そして明るいときだけエサを食べられるグループに分け、高脂肪のエサを与える実験を行ったようです。

実験では、摂取カロリーや運動量にグループによる差は認められなかったものの、体重は暗いときだけ食べたグループは1.2倍で、統計的に明らかな差があったと 報告されています。

ですから、夜の仕事をしていて、ふつうのサラリーマンなら、できるだけ夜食を控えたほうが良さそうですね。








お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.