生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


ウォーキングだけで脂肪は燃焼するのか


ウォーキングなどの有酸素運動とは、酸素を普段よりも多く取り込みながら行う運動ですが、その取り込んだ酸素を使って、体内の糖質や脂肪をエネルギー源として燃焼することによって、ゆっくりとエネルギーを生み出します。その結果、脂肪が減っていくというわけです。



乳酸を生じないために疲れが蓄積せず、途中からエネルギー源が徐々に体脂肪に切り替わっていくので、長時間運動を続けることが可能です。

有酸素運動の代表的なものとしてはウォーキング、ジョギング、水泳、水中ウォーキング、サイクリングなどがあります。
いろいろな有酸素運動のうち、年齢に関係なく誰もが安全に行える方法として勧められているのが、ウォーキングです。

それでは、誰でも歩くだけで脂肪が落ち、メタボリックシンドロームの改善に効果があるのかというと、なかなかそうではないみたいです。

というのは、糖や脂肪は筋肉で消費されますから、筋肉質の体型とまでいかないまでも、筋肉がある程度以上ついていないと、体脂肪を効率よく燃やすことができないのです。


体脂肪を効率よく燃やすためには、やはりその減らしたい部位に筋肉がないと効果がないということです。

ですから、筋肉もあまりなくブヨブヨの体をしている人は、まずは、筋肉を鍛える運動をすることが先決で、たとえば、ストレッチやダンベル体操、筋トレなどを行い、筋肉に負担をかけると、筋肉がついてくるし、強化されます。

このようにして、ある程度筋肉がついてきますと、ウォーキングで効果が表れてきますが、そのウォーキングも30分から1時間近くはしっかり歩き続けることが必要です。








お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.