生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


塩分のとりすぎがなぜ高血圧を招くのか


◆ 織田信長が激賞した「天下の美味」


こんな話があります。
織田信長が将軍足利家の料理人に料理を作らせたとき、最初はこんなものが食えるかといって激怒した。



それならということで、作り直したところ、今度は「天下の美味」だと激賞したといいます。なんのことはない。二度目は塩味をたっぷり利かせただけなのだそうです。

このように、日本人と塩分とは切っても切れない縁にあるらしい。
ところが、塩分と高血圧の関係は、しろうとにはもうひとつ分かりにくい。
高血圧と診断されて、「青菜に塩」となる前に、そのメカニズムを理解しておきたい。


◆ 塩分が血液に及ぼす影響

塩辛いものを食べた後は、水が飲みたくなるのと同じで、食塩のナトリウムが体内(血液)に入ると、ナトリウムの濃度が必要以上に高まります。すると、体液のバランスが崩れます。それを防ぐために血管内に水分が呼び込まれます。

その分だけ血液量が増え、血管を圧迫するということです。

つまり血圧が上がるということになります。一方、血管の壁には、血管を収縮、拡張させる神経が走っています。これにはホルモンがかかわり、その分泌が多いと血管は収縮します。

ナトリウムが血管内に余分にあると、神経はいっそう敏感になり、収縮しやすくなります。その結果、血圧が上がるわけです。







食事バランスを見直そう
生活習慣病を遠ざける食べ方
亭主殺すにゃ刃物はいらぬ
食塩摂取量を半分にしても美味しく食べられる方法
加工食品や調味料にはこれだけの塩分がある
知っておきたいビタミンの知識
ビタミンをこわさない丸ごと調理法
野菜さえ食べていれば美しくなれるのか
野菜のかわりに果物を食べればビタミンは確保できるのか
夫の生活習慣病(成人病)を予防する妻の調理法
なぜエスキモーに動脈硬化が少ないの
おふくろの味は理想食ですが、塩分の取りすぎが心配
塩分のとりすぎがなぜ高血圧を招くのか
アルカリ性食品を食べれば、からだもアルカリ性になるのか
生活習慣病予防には、肉より魚のほうがいいといわれる本当の理由
生活習慣病を防ぐ寿司ネタの選び方
肉類の警戒のしすぎはかえってマイナス






お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.