生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


生活習慣病を防ぐ寿司ネタの選び方


◆ あらぬ疑いをかけられていたトロや貝類


「寿司は大好きだが、どうもコレステロールが気になって」と生つばを呑み込んで寿司屋さんを通り過ぎる人がいます。



これまでハマチ、トロ、イカ、タコなどにはコレステロールが多いといわれていたので、しかたのない点もありますが、最近、イカ、エビ、貝類のコレステロールは、それほど高くないことが分かったようです。

コレステロールの測定を「比色法」で行っていた時代、コレステロールに似た構造の物質をコレステロールと取り違えて、エビや貝類があらぬ疑いをかけられていたようです。

それどころか、現在の「酸素法」で測定された値によれば、これらは低コレステロール食品ともいえるようです。
おまけに、貝類には、タウリンという心筋の収縮を調節したり、不整脈を抑え、降圧作用のある物質が入っていることが知られるようになった。

また、光モノのサバ、コハダ、サヨリ、あるいはマグロなどには、血液中にたまったコレステロールを体外に排泄する効果があるほか、血栓防止作用もあるとのことです。

つまり、寿司ネタの魚や貝類には、脳梗塞、心筋梗塞など血管のつまる病気を予防してくれる作用があるようです。ウニやイクラ、数の子などの魚卵、確かに高コレステロールですが、毎日食べる人もいないので、それほど気にすることはないでしょう。



◆ 食べすぎだと思ったら植物性食品をとる

このように寿司は世界に誇れる日本の代表的な健康食品ですが、難点といえば、つい食べ過ぎてカロリーオーバーになりやすいことと、野菜がないことです。

せいぜいトロやハマチのあいだにかっぱ巻きやガリをせっせと食べて、少しでもバランスを考えよう。

また、コレステロールを取りすぎたところで、翌日、豆腐、納豆など植物性食品中心の食事をするとか、リノール酸をたっぷり使った野菜炒めやサラダを食べれば相殺されます。





食事バランスを見直そう
生活習慣病を遠ざける食べ方
亭主殺すにゃ刃物はいらぬ
食塩摂取量を半分にしても美味しく食べられる方法
加工食品や調味料にはこれだけの塩分がある
知っておきたいビタミンの知識
ビタミンをこわさない丸ごと調理法
野菜さえ食べていれば美しくなれるのか
野菜のかわりに果物を食べればビタミンは確保できるのか
夫の生活習慣病(成人病)を予防する妻の調理法
なぜエスキモーに動脈硬化が少ないの
おふくろの味は理想食ですが、塩分の取りすぎが心配
塩分のとりすぎがなぜ高血圧を招くのか
アルカリ性食品を食べれば、からだもアルカリ性になるのか
生活習慣病予防には、肉より魚のほうがいいといわれる本当の理由
生活習慣病を防ぐ寿司ネタの選び方
肉類の警戒のしすぎはかえってマイナス






お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.