生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


降圧剤で急に血圧を下げすぎると脳梗塞になることがある


◆ 理にかなったからだの働きを無視しない


「血圧が高い」と診断されるとパニック状態に陥ってしまう人がいますが、それが即病気とは言えません。



血圧が高いおかげで、血液の循環が初めてマトモに保たれることがあるからです。

いい例がお年寄りで、多くの人は多少なりとも血圧が高くなります。

これは、血管の弾力性が弱くなったりしたマイナス面を何とかカバーしようとして、血液を送りだす心臓が、懸命に努力しているひとつのあらわれです。

そうしたからだの仕組み、理にかなった働きを無視して、血圧が高いと言われると、医師がくれた1回分の降圧剤を一度に飲んで、血圧を急に下げようとしたり、降圧作用のある市販剤を買って勝手に飲む、あるいは人の降圧剤を拝借して飲むといった不心得者がいます。


◆ 勝手なさじ加減は命取りになります

その結果はどうなるか。

一夜にして半身不随になる、あるいはショック症状を引き起こすことも考えられます。

医師が降圧剤を使うのは、体重のコントロールや食塩の制限では十分に血圧が制御できないからです。

また、ほとんどのケースが中程度ないし重症の高血圧症だからです。
このことをまず理解しなければなりません。

そして、降圧剤は必ず医師の指示に従って服用することが大切です。

服用量を増やして急に血圧を下げたりしますと、動脈硬化があれば血流の流れが悪くなって脳梗塞を起こし、半身不随になるといったおそろしい事態も招きかねません。

勝手なさじ加減は命取りになるますので、ご用心。







自分の体をもっと知ろう
【血管をどう鍛えるか】
血圧は年とともに高くなっていく
高血圧で怖いのは合併症
高血圧と動脈硬化はどう違うのか
高血圧・動脈硬化を予防する生活改善方法
隠れた生活習慣病は目にあらわれる
【脳卒中を予防する改善法】
性格が変わったり、昔のことばかり話すようになるのは脳卒中の前ぶれ
脳卒中発作の魔の時間帯
こんな生活習慣が脳卒中を予防する
降圧剤で急に血圧を下げすぎると脳梗塞になることがある
肥満者は正常体重者の3〜4倍も糖尿病になりやすい
【あなたの心臓は強くできる】
虫歯もないのに奥歯が痛み出したら要注意
心臓病にかかりやすい人間のタイプ
【糖尿病はこわくない】
失明原因のトップは糖尿病
足のしびれやもつれは糖尿病の疑いが
標準体重を20%以上超える肥満者は生活習慣病が心配






お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.