生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう

ストレスに弱い人はガンにかかりやすいか?


◆ ストレスが抵抗力を低下させる


「病は気から」といわれますが、ガンになるのも心理的な面が関係するという考え方が、最近広まりつつあるようです。



ガンになる何年か前に、失業や離婚、家庭内の不幸といった、患者本人にとっては大事件が起きている例が多いとする研究結果もあります。

特に末期ガン患者は、リンパ球(病気に対する抵抗力を生み出す血液成分)が極端に少なくなりますが、たとえば、ネズミをイライラした状態に追い込んで、リンパの数を調べますと、ストレスが強まるにつれてリンパ球の数が減るといいます。

この例からもストレスが加わり、抵抗力が低下しますと、ガンにもなりやすくなると言えるでしょう。


◆ 平静な心、明るい生活態度を保つ心がけを

また、イギリスの研究では、感情のはけ口を持たないのが肺ガン患者の特徴であるという説もあります。
さらに、アメリカの研究では、ガンになった人たちの特徴として

@ 感情をあまり表面に出さない。
A 非常に孤独。
B 家族と心のつながりがあまりない。

などの点をあげています。

これらはいわばストレスに弱いタイプです。

反面、医師がサジを投げたようなガン患者の中に、奇跡的に回復し、元気を取り戻す例もあります。

これらの人たちに共通しているのが平静な心、明るい生活態度、医師に対する信頼感など。

ストレスを克服することができれば、ガン細胞は眠りから覚めない、と言えるようです。








お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.