生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう

禁煙3ヶ月で肺機能回復・今すぐ実行


◆ 軽いタバコに切替えても害は同じ


喫煙の害をできるだけ減らそうと、タールやニコチンの少ない、いわゆる軽いタバコに切りかえる愛煙家がいますが、そんな努力はムダ。



これはアメリカの研究結果だそうですが、愛煙家にふつうのタバコと低タールタバコを吸わせたところ、低タールタバコは本数がかえって増えたり、同じ1本でもふかす回数が増えたということで、ふつうのタバコを吸ったのとタール摂取量は同じ、という結論に。
次善の策にもならないようですね。


◆ 禁煙を急げば効果も早い

こちらは明るい話題。

従来、肺機能の回復状態などから、禁煙の効果は5〜15年後でなければあらわれないといわれてきましたが、禁煙3ヶ月にはその効果がはやくもあらわれるという、愛煙家に希望を持たせる研究結果が、ある研究グループによって発表されました。

尿の中に含まれるハイドロオキシアロリン(アミノ酸の一種)に着目。

この物質は、喫煙によって肺の組織が破壊されたり喫煙本数が多くなると増える。
ところが、禁煙すると急速に少なくなり、肺の機能も3ヶ月後には回復するというのがその概要。

最近では禁煙が世界的な流れになっており、周囲にも喫煙者が少なくなり、喫煙者の吸える場所もだいぶ狭まってきましたね。

健康には、良いことです。








お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.