生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう

よくかむ習慣がガンを予防する?


◆ 唾液に発ガン物質の毒性を消す働きがある


「早飯も芸のうち」の信奉者がかなりいますが、こんな特技はいまの時代には通用しません。

ゆっくりよくかんで食べれば、宿敵ガンの予防にも有効であると言われています。



食べものをよくかんで食べますと、唾液の分泌がさかんになりますが、最近の研究で、その唾液には、ニトロソアミンなどの発ガン物質の毒性を消したり、減らす効果があることがわかったようです。

唾液は酵素やビタミン、ホルモン、たんぱく質などからなりますが、特に有効なのが酵素群とビタミンで、協同して発ガン物質の毒性を消し、また、そのパロチンというホルモンは、脳の老化防止にも役立っているようです。

ある実験では、唾液が発ガン物質の毒性を消すのに要する時間は約30秒間。これはひと口30回かむ時間に当たります。

そのほか、
@ よくかめば消化も良い
A うごをよく動かすと、脳細胞もいきいきとしてくる。
B おまけに歯ぐきを丈夫にして歯槽膿漏を防ぐなど、

健康効果は抜群です。
せっかちな人も、せめて20回程度はかみましょう。



◆ ひと口に30回かむ食卓の工夫

よくかむにはどうしたらよいか。

食事のたびにモグモグとひと口ずつ時間をかけてかめば効果が大きいわけですが、1日1食は、じゅうぶんにかまないとのどを通りにくいフランスパンや黒パンを、あえて食べるのもテ。

魚は尾頭つきを食べる。

切り身と違って骨があるので食べるのに時間がかかります。

繊維の多い食べ物もおすすめ。

咀嚼が悪いと、のどを通りにくいからです。

ただし、よくかむ習慣も歯が健康でないとダメですので、日ごろから歯を丈夫にしておくことも大切です。






お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.