生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう

欧米型の食生活は大腸ガンを招きやすい


◆ 胃ガンの死亡率は下がり気味で大腸ガンは右上がり


大腸ガンの死亡率はだんだんと上がってきており、いずれは胃ガンを抜いてトップに躍り出る可能性が高まっています。
その最大の原因になるとみられているのが、欧米型の食生活、つまり肉食です。



脂肪の多い食事をとりますと、便が軟らかくなって腸内に残りがちになり、それだけ大腸の粘膜と便の中の有害物質との接触の機会が多くなって、発ガンの危険性が高くなるというわけです。

また、脂肪をとりすぎると、脂肪を消化する胆汁酸と腸内の細菌が作用し、発ガン物質の発生を促進する可能性も指摘されています。

現に、腸の中を通過しにくい肉や乳製品をたくさん食べる欧米人には便秘が多く、大腸ガンの発生率が高いそうです。

日本人も動物性脂肪などをとる量が増え、今後ますます多くなる傾向があり、ストレスや運動不足もいまよりもっと深刻化しそうです。


◆ 食生活の中に繊維を豊富に取り入れる工夫を

昔から、便秘には繊維質を多くとることがすすめられています。

繊維質のものをたくさんとれば、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が活発になり、排便が促進されて、便が腸内にとどまる時間が短くなります。

短くなればそれだけ有害物との接触の機会も減り、腸内が清潔に保たれるというわけです。

おからやこんにゃく、ごぼう、海草類、果物などをたっぷりとり、排便の時間も含めて規則正しい生活をします。

それが病を予防する最善の方法です。








お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.