生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


毎日ビールを飲む人は動脈硬化になりにくい


◆ 左党には耳寄りな話し


日本酒なら一合(180ミリリットル)以下、ビールなら大ビン1本、ウイスキーならダブル1杯程度を毎日飲んでいると、血液中のコレステロールを抑え、血管を若返らせる、という、これは左党には耳寄りな話し。



この話はアメリカでの調査結果に基づくもので、アルコール摂取量について6年間調べた結果、適度にアルコールをとっていると、動脈硬化を予防する善玉コレステロール(HDL)がふえてくることが確かめられたということです。

コレステロールは、脂質の一種でこれには動物壁に付着して動脈硬化を促す悪玉コレステロール(LDL)と、それをはぎとり、血管をキレイにする善玉コレステロールの二種類がありますが、適度のアルコールは善玉を増やし、悪玉を減らす働きがあることが分かったということです。

適度の量というのは、ビール1本が最も効果が上がったとしています。


◆ しかしこの話、ほどほどにの教訓でもあります

人は血管とともに歳をとるとか、動脈硬化は老化の表現などといわれるくらい、血管の老化と動脈硬化とは密接な関係を持っている。

酒をたくさん飲む習慣のある人は、血液中の中性脂肪がふえてきます。

その結果の一つが肥満ですが、もっと怖いのは、中性脂肪がコレステロールなどといっしょに血管壁の中にめり込んで動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞をもたらす点です。

酒は短命のもとともなりますが、毎日酒を飲んでいても健康で天寿をまっとうする人がたくさんいます。

要は、酒は楽しく、ほどほどに飲むのが良いですね。








お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.