生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


酒量は減ったのに悪酔いしやすくなった


◆ からだが悲鳴を上げていることが多い


たいして飲まないのに二日酔いをする。
体調もすぐれないし、やっぱり歳かな、などとお嘆きの方、これは意に反して、からだが悲鳴をあげている証拠ですよ。



働き過ぎではないか、休養は十分かなど、まず生活を振り返ってみてください。
体調が戻るまで禁酒が理想です。

酒飲みは体調がよくないとすぐに肝臓病を疑いますが、脱力感は

@ 生理的なもの、
A 精神的なもの
B 病的なもの
からきます。

ものを持つにも力が入らない、といっただるさは、カルシウム不足が原因のことが多いようです。
体内にアルコールが入ると、カルシウム値が下がります。
そこで、牛乳をたくさん飲めば、肝臓のアルコール分解能力を高め、カルシウム不足が補えます。

精神的な面については、気を使う相手と飲むと、神経がピリピリしているから、まずい酒となり、翌日までそれが尾を引きます。


◆ 肝臓が気になるなら、迷わず検査を受けましょう

肝臓の問題はどうか。
長年飲み続けていれば、肝臓が疲れてくるのは当然です。
酒がうまいかいなかによって、肝臓の健康状態が分かります。

1日の酒量の目安は、ウイスキーなら水割りダブル1杯まで。
たまに度を過ごしても3杯までが限度ですよ。

毎日、銚子三本の晩酌を楽しんでいた人が、急に1本も飲めなくなり、検査してもらったところ、初期の肝炎にかかっていたという例もあります。

急に弱くなったようなときは、肝機能検査を早く受けるように。








お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.