生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


お酒のチャンポンは悪酔いの原因になるのか


◆ 根強い俗説を科学的に判定すると


結論から言えばノーのようです。
各国の専門家が真面目に調べた結果ということです。
そもそも「酔い」とは、脳神経にアルコールが直接、影響を及ぼしている状態を指します。



その酔いの状態は、アルコールの量によって決まります。

日本酒なら2合(360ミリリットル)、ビールなら2本ぐらい飲んで1時間経ちますと、血中のアルコール濃度が0.05〜0.1%になりますが、悪酔い、二日酔いをもたらす段階は、血中のアルコール濃度が0.15〜0.25%に達しています。

こうなりますと、感情の抑制がきかず、運動失調も起こしています。
ヘタをすると、転倒する危険さえあります。


◆ 飲み過ぎがチャンポンやはしご酒をよびます

日本酒で5合(900ミリリットル)異常を2時間くらいで飲みますと、こうした状態になり、ひいては悪酔い、二日酔いという事態に。

悪酔いや二日酔いは、チャンポンが原因で起こるのではなく、そもそもアルコールの絶対量がそれでけ多かった、ということのようです。

チャンポンをするときというのは多くの場合、自分の適量をすでに見失ってしまい、ついつい度を越しているもの。

日本酒にしろウイスキーにしろ、原料や製造法の違いで味や香りは異なるものの、アルコール以外の成分で、特に大脳を麻痺させるものはありません。

チャンポンやはしご酒をすれば、気分や味も変わって、つい飲み過ぎるということになります。








お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.