生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


こんな飲み方なら酒に飲まれない


酒のじょうずな飲み方のポイントは、「量」と「時間」に配慮すること。
そこで、飲まれない飲み方のコツを考えてみましょう。



@ 自分のペースでゆっくり飲む
かけつけ3杯とか、帰宅時間を気にしながらの短期決戦型の飲み方、あるいは酒に挑むような飲み方はしないことです。
飲むペースが速く、酔いも速いです。

A 適当量を飲もう
飲酒はほろ酔いが神髄。
個人差はありますが、日本酒なら1合(180ミリリットル)以下、ビールで大びん1本以下、ウイスキーでダブル1杯以下がいいところです。
たまに度を過ごすことがあっても、この3倍が限度です。
そして、できるだけ薄い酒を。

B 空腹時を避ける
食事をしながら飲んだほうが、からだのためには良いです。
空腹で飲まざるを得ないときは、チーズを食べるか、牛乳を飲みましょう。

C 週二日は休肝日を
いくらつまみに気を配っていても、毎日アルコールを飲んでいると「脂肪肝」になる危険性が高まります。
週に最低2日は禁酒日にするのがよい。
そうすれば、荒れた胃は回復し、肝臓は脂肪分を追い出して体調を整えてくれます。

D タバコを吸いながら酒を飲まない
タバコと酒はよく合う。
しかし、「ウマの合いすぎるものは用心しろ」です。
タバコと酒がいっしょになりますと、血液がニコチンを吸収しやすくなります。

E 深夜には飲まない
たとえば、夜10時に3合の日本酒を飲み終えたとすると、アルコールが体内から消えるのは翌朝の6時。
早めにきりあげないと、翌日の仕事に差し支えますよ。
あらかじめ時間を決めて飲みましょう。
クルマでのハシゴはやめることも大切です。

F 薬とのドッキングは厳禁
薬とアルコールが体内でいっしょになりますと、薬の処理に手間取り、あとになって薬の作用が強く出ることがあります。








お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.