生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


糖尿病でもウイスキーならいいというのはホント?


◆ 特に悪い種類もよい種類もない


宴会の席などで、「糖尿病でも、日本酒、ビールはよくないが、ウイスキーならいくら飲んでもよい」といった主張がよく聞かれますが、これは俗説に過ぎません。



糖質があると糖尿病に悪いとされていたひと昔前の考えでは、糖質が含まれている日本酒やビールはよくないが、それの含まれていないウイスキーや焼酎なら飲んでも良いとされていたのです。

それがまだ尾を引いているわけですが、糖尿病は糖質だけを制限すればよいというものではありません。
何を食べても良いのです。
しかし、その人の標準体重から計算された、1日の総エネルギー量を超えた食べ物はとってはいけというのが、原則であります。

つまり、日本酒でもビールでも飲んでいいのです。
ただし、医師の許可が出た場合に限ってです。

その場合、ふつうは日本酒なら1合、ビールなら大びん1本、ウイスキーならダブル1杯までと指示されることが多いでしょう。
この範囲なら1日の総エネルギー量には入れずに飲むことができるのです。



◆ 糖尿病の人は原則として禁酒が理想

しかし、たいていの医師は、糖尿病患者には禁酒をすすめます。

アルコール類には血液中の中性脂肪をふやす働きがあり、これがふえると、動脈硬化を促進しますが、糖尿病患者は合併症としての動脈硬化を起こしやすいからです。

それに、アルコール類を飲むと、どうしても自制心がゆるんで、ついごはんを食べ過ぎたり、つまみでとったカロリー加算を忘れることがあります。

この食事療法の乱れが糖尿病にとって、いちばんよくないことはいうまでもありません。

したがって、晩酌の楽しみを奪われることを切々と訴えて、たとえ医師の許可を得たとしても、せいぜい2日か3日に1回程度にとどめたいものです。






お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.