生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


頭のよい子を生もうと思ったらタバコはタブー


◆ ヘビースモーカーの母親からは3人に1人の未熟児が生まれる


タバコは動くアクセサリーなどともてはやされ、女性の愛煙家は増える一方です。



しかし、女性はタバコに弱く、胎児や乳幼児に大きな影響を与えるだけに、研究者たちは女性の喫煙に危険信号を送っています。

旧厚生省の調査によれば、1日20本以上タバコを吸う女性は、吸わない人の27倍も肺ガンで死亡する率が高いというし、同じく20本以上吸う母親から生まれる子供の3人に1人は未熟児(2500グラム以下)、早産、死産も、吸わない女性の2倍に達しているといわれています。


◆ 子どもの知能にも影響する

11歳児を対象としたイギリスの調査では、母親の喫煙が子どもの知能、とりわけ計算力を著しく遅らせる、としている。

また、タバコを1日35本以上吸う女性は、吸わない女性に比べて心筋梗塞にかかる割合は10倍も高いという、ボストン大学の調査研究もあるようです。

同大学博士は、「タバコをやめれば心筋梗塞の65パーセントはけられる」ともいっています。
さらに、ヘビースモーカーの女性は、タバコを吸わない人に比べ子宮頸ガンになる率が17倍も高いという研究報告もあります。

自らの健康のためはいうまでもなく、体格と頭のよい子を産もうと思ったら、タバコはタブーです。








お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.