生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう

コレステロールが高いと言われたら


@ コレステロールはからだを構成する脂肪の一種で、これが多いか少ないかは血液化学検査で調べます。




その結果出た数値が、血液1デシリットル中にコレステロールが130〜220rであれば正常であると言われています。
つまり、これより高い数値、あるいは低い数値が出た場合には要注意となるわけです。

数値が高い場合は、疑われる病気は動脈硬化症、ネフローゼ症候群、糖尿病など。
低い場合は、甲状腺機能こう進症、重症肝障害、急性膵炎など。


A 低くても問題は多いですが、高い場合に気をつけなければならないのは動脈硬化。
これが脳卒中や心筋梗塞の引き金になるからです。


しかし、たとえば250rという数値がでて、高いと言われても、稀な場合(家族性高コレステロール血症)を除けば、それがただちに病気を意味するわけではありません。

というのも年齢・性・環境・季節、あるいは検査方法などによって数値が変動することが多いからです。

したがって、医師から特別な指導でもないかぎり、数値にこだわりすぎて、コレステロールの少ない食品をとることばかりに気をとられるのは考えものです。

それよりも、何回か検査を繰返し、どの程度の数値が自分にとって正常値かを、成格につかむほうが大切です。


B 高いと診断されたときの日常の注意としては、成人病対策に効果があるといわれている淡泊な日本食の長所を大いにとりいれること、肥満の抑制、適度の運動、禁煙などにつとめるのが良いでしょう。








お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.