生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


脳は鍛えればいつまでも老化しない


◇ 140億の神経細胞を食いつぶさない7か条


大脳の表面には、深いシワがたくさんあり、溝も多く、厚さ3mmほどのこの部分を大脳皮質といい、大人で約2250cm2あり、シワを丁寧に広げていきますと、新聞1ページ程度になるということです。



この大脳皮質には、神経細胞がぎっしり詰まっており、その数は、約140億個というではありませんか。驚きですね。

この神経細胞は生まれたときすっかり数がそろっており、歳をとれば減る一方だそうですが、ただこの神経細胞は、鍛えれば、鍛えるほど老化しない仕組みになっているようです。

そこで、頭の老化防止対策として、次のようなことが良いといわれています。


@ なにごとにも情熱をもってあたる
仕事や趣味に、意欲的に取り組もう。

A 時間を無駄にしない
毎晩の居酒屋通ういとか、パチンコの時間浪費、あるいはテレビの見すぎは、脳の刺激に役立たない。

B 本を読む
耳学問より脳を刺激する。読書は読もうという自らの意志の強さを必要としますが、この能動的な態度が脳を刺激し活性化します。
その点、テレビは受身の娯楽。一定のレールでしか脳細胞が働かないことが多いようです。

C 適度の運動
カントの哲学は散歩から生まれたようです。脳は酸素をたくさん消費する器官ですが、運動をすると、酸素供給が増えます。
また手足をよく動かしますと、脳の働きが活発化するようです。

D 人の世話を積極的にする
明るく積極的な人ほど、ボケに無縁でいられます。地域の伝統芸能の再興などに、一役かってみてはどうでしょう。

E 他人任せにしない
部下にすべてを押し付けるようなことはせず、ときには、難問解決の糸口役くらいつとめたい。

F 強いストレスを避ける
強い精神的ストレスを受けると、脳の働きにも悪影響を及ぼし、ボケのきっかけにもなりやすいです。







疲労とストレス解消法T
【若々しい頭脳を持とう】
脳は鍛えればいつまでも老化しない
脳の老化防止には足と手指を使うのが一番
挨拶をしない人や無口な人はボケやすい
からだと心の活性化は右脳のパワーアップではかれ
人生の午後をどう生きるかは40歳からの生き方が決定する
【不安を自信に変える心の強化法】
生活習慣病の大半は心が原因で起こる
こんな人が心の病気になりやすい
心をもみほぐす9つのトレーニング
家庭にトラブルのある心の不健康は事故を起こしやすい
中年期のウツ病をどう乗り越えるか
ウツ病の人とじょうずに付き合う10か条
ストレス、イライラ解消には小魚などのカルシウムが効果的
職場の人間関係をよくするための5つのポイント
原因不明の疲労は心からきていることが多い
明け方、必ず目が覚める午前4時病
ぜんそくの70%は精神的な因子が関与している






お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.