生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


ぜんそくの70%は精神的な因子が関与している


◇ 造花のバラを見ただけで発作を起こす例も


営業成績が下がってくると、夜、きまって胸がゼーゼーいって呼吸が苦しくなるB氏。
外出先で、気管支拡張を忘れたのを思い出した瞬間に発作を起こす例が多いS氏。



特有の発作で知られるぜんそくは、アレルギー体質(アトピー型)、かぜなどの感染、自律神経失調などが原因とされていますが、その70%は精神的な因子が関係していると言われています。

花粉が原因とみられるタイプには、造花のバラが目にとまっただけで発作を起こすという例もあるそうです。


◇ 心労をためず、前向きに生きる

ぜんそくは、炎症で気管支が狭くなり、呼吸がスムーズにできなくなる病気。遺伝や体質に根ざしていますが、治らないわけではありません。

仕事、運動やスポーツ、趣味など、なにかを没頭しているときは、発作はあまり起きないようです。
ところが、精神的な疲労が重なったり、怠惰な生活をしていたりしますと、それらが引き金になって起こりやすくなります。

日ごろ、水泳や日光浴を行って体力づくりに努め、自律神経の安定に役立てるとともに、心労をためず、前向きに生きることが大切。

乾布摩擦や冷水摩擦を続けて行うのも効果があります。

皮膚を鍛えますと肺や気管支の緊張を高め、外界の変化に対する抵抗力が強くなる、などの利点があります。







疲労とストレス解消法T
【若々しい頭脳を持とう】
脳は鍛えればいつまでも老化しない
脳の老化防止には足と手指を使うのが一番
挨拶をしない人や無口な人はボケやすい
からだと心の活性化は右脳のパワーアップではかれ
人生の午後をどう生きるかは40歳からの生き方が決定する
【不安を自信に変える心の強化法】
生活習慣病の大半は心が原因で起こる
こんな人が心の病気になりやすい
心をもみほぐす9つのトレーニング
家庭にトラブルのある心の不健康は事故を起こしやすい
中年期のウツ病をどう乗り越えるか
ウツ病の人とじょうずに付き合う10か条
ストレス、イライラ解消には小魚などのカルシウムが効果的
職場の人間関係をよくするための5つのポイント
原因不明の疲労は心からきていることが多い
明け方、必ず目が覚める午前4時病
ぜんそくの70%は精神的な因子が関与している






お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.