生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


挨拶をしない人や無口な人はボケやすい


◇ 孤立が緊張感や刺激をなくしてしまう


ある医師の体験に、数年来見かけなかった女性患者に、待合室で会ったので「久しぶり。



お元気」と声をかけますと、「元気なら、病院なんかに来ませんよ」という返事が返ってきたそうです。それは確かにそうですが、ねぎらいの言葉に対する「感動」を失いかけますと、ボケが始まる前兆ともいえます。

ことばはもともと、魂がとびかう意があります。まともな挨拶がないのは、人間関係の縁の切れ目になります。当人は当然、孤立します。その段階からボケが始まるようです。


◇ おしゃべりはあごを動かし、脳の血液循環をよくする

また、無口というか非常識というか、声をかけても返事をせず、ムスっとしているヒトがいますね。

たとえば、朝の挨拶を省略する人は、意外に多いものです。
ある調査によりますと、「いつもお早うという」人は全体の4分の1、逆に「めったにしない」「あまりしない」という人は、合わせると全体の3分の1にものぼるとか。
特に20歳代の男性の「挨拶率」は1割もいないということです。



酒でも入れば別ですが、このテのタイプは返事や挨拶をしようという意思が本来ないのです。

悪いヤツではないにしても、声をかけたほうは不愉快になります。

このタイプからも、いつしか人が離れていき、やがて、一人ぼっちに。

刺激がないからボケるのもはやいでしょう。

それに、おしゃべりというアゴの運動が少ないと、脳の血液循環が悪くなり、それがボケを早めるという説もありますよ。


◇ ウーとかスーしか言わないような亭主族も要注意

目の動き一つで、オレが何を欲しているか女房は察して、黙って対応する。
そんなことをいう亭主族も昔はいましたね。最近では女性も強いからなかなか言えませんが。
二人の年輪がなせるワザなのか、かみさんも立派ですが、そんな夫婦は、ボケ競争をしているようなものです。

ときにはお得意さんに対するような心遣いで、かみさんとの対話を心がけることも大切です。







疲労とストレス解消法T
【若々しい頭脳を持とう】
脳は鍛えればいつまでも老化しない
脳の老化防止には足と手指を使うのが一番
挨拶をしない人や無口な人はボケやすい
からだと心の活性化は右脳のパワーアップではかれ
人生の午後をどう生きるかは40歳からの生き方が決定する
【不安を自信に変える心の強化法】
生活習慣病の大半は心が原因で起こる
こんな人が心の病気になりやすい
心をもみほぐす9つのトレーニング
家庭にトラブルのある心の不健康は事故を起こしやすい
中年期のウツ病をどう乗り越えるか
ウツ病の人とじょうずに付き合う10か条
ストレス、イライラ解消には小魚などのカルシウムが効果的
職場の人間関係をよくするための5つのポイント
原因不明の疲労は心からきていることが多い
明け方、必ず目が覚める午前4時病
ぜんそくの70%は精神的な因子が関与している






お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.