生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう

疲労の質によって入浴法を換えればこんなに効果が上がる


◇ 肉体疲労は熱め、精神疲労はぬるめの湯に


心身の疲れをとるのに入浴は欠かせませんが、疲労の質によって入り方を変えると、より効果があるようです。



肉体の疲れをとるためには血の巡りをよくし、疲労物質をできるだけ早く体外に出すことが大切。

それには42〜44度の熱めの湯に3〜5分ほど入るのが良いでしょう。
一方、らー精神的な疲労をとるためには、38〜40度のぬるめのお湯に10〜15分ゆっくり入ることです。

こうすると副交感神経の働きが強まって、緊張していた神経が和らいできます。もっとも、頭脳労働者のように、頭は疲れているが、からだは全然疲れていないようなときは、逆療法として熱い湯にサッと入るのが良いでしょう。


◇ 病気がある場合の入浴法

ところで、熱い湯は、高血圧や心臓病の人には大敵。入浴中に脳卒中や心臓発作を起こしてなくなる例もあるようですが、こういうのは、たいがい熱い湯に入ったケースのようです。

ぬるめの湯では入った気がしないという人は、のす、ぬるい湯に入り、徐々に熱くしていきます。

しかし、発熱を伴うかぜや急性腎炎、急性肝炎などは入浴厳禁ですし、がん、結核など体力が消耗する病気の場合も入浴を控えめにしたほうが良いでしょう。

また、高血圧症やお年寄りの対策として、特に冬場は入浴前に湯船のふたをとって室温をあげておくのも良いでしょう。

脱衣所はストーブで暖めておくといった配慮もお忘れなく。







疲労とストレス解消法U
【疲労を回復して明日に備えよう】
疲労は小刻みに解消するのがコツ
あなたのタイプに合わせたストレス解消法が見つかった
疲労の質によって入浴法を換えればこんなに効果が上がる
身近な野菜や果物を使った家庭温泉
囲碁・将棋・マージャンではどちらが血圧を上げないストレス解消法か
こんな姿勢が通勤疲れを防いでくれる
会議疲れをこっそりとるラクラク体操
OA時代の眼精疲労克服法
病気を治す力は睡眠中に作られる
グーンと違う12時前に寝る人と午前〇時過ぎに寝る人
不眠解消法カタログ
30分仮眠で午後からの仕事の能率が倍増する
知らないと命にかかわるドライバーの疲労回復体操
カラオケは衰え始めた肺機能を活発にする
平均して1年に7回はひくといわれるカゼ撃退法






お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.