生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


睡眠時間と疲れとは関係がない


◇ 毎日、元気よく仕事に行けるかどうかは、朝の目覚め方ひとつではないでしょうか。
スッキリした朝のさわやかな目覚めは、何にもまして喜びであり、そのためには、いかに気持ちの良い快適睡眠をとるかが大切です。




◇ 快適睡眠をとることは、私たちの生活の中で、もっとも重要なことだと言っても過言ではなく、快適睡眠は疲れた体と心をリフレッシュするために必要不可欠なものです。
ただ、「睡眠はしっかりとりなさい」と言葉で言うのは簡単ですが、誰しも経験があるように、睡眠時間を長く取ればそれで良いというような簡単なことではありません。


◇ そもそも、睡眠に関して、多くの人が誤解しており、眠りさえすれば、疲れが取れると思ったら、大間違いです。
長く眠ったら、それに比例して疲れが取れるのかというと、そんな単純なものではないのです。
8時間以上グッスリ睡眠を取ったはずなのに、なぜか疲れが取れないという経験をしている人は多いはずです。
逆に、好きなゴルフに行くときは、ほんの3、4時間しか寝なくても、出発時間にはバッチリと目を覚まし、眠気も疲れも感じないという経験をした人もいるでしょう。

おわかりのように、重要なのは睡眠時間の長さではなく、睡眠の質なのです。



◇ 分かりやすく言えば、満足感に満たされて心地よく快適睡眠が取れたかどうか、つまり、脳からドーパミンが分泌され、疲労物質が体の外に排出されたかどうかなのです。


長時間睡眠をとったとしても、目覚めたときに、「まだ寝たりない」とか「もう少し寝ていたい」という気持ちがあると、脳の満足中枢は刺激されず、そのため、脳からドーパミンが分泌されず、睡眠をとったとしても、疲れが取れないのです。

◇ どんなに寝だめをしてみても、なぜか気分爽快、元気溌剌という気分にならないのは、満足感のある睡眠、つまり「快適睡眠」をとっていないからです。

◇ それでは快適睡眠はどうやって取るのかといえば、それはそれほどむずかしいことではなく、ちょっとしたコツさえつかめば、たとえ短い睡眠時間でもスッキリと目覚めることができ、疲労感も残りません。

あなたの周囲にもやり手という人がいると思いますが、彼らは夜遅くまで仕事をバリバリガンガンやり、そのあと飲みにいって午前様になっても、朝になって職場に出てくると、いつものパワフルさが戻っていますね。

こういうやり手の人に限って、睡眠時間は短いものです。

彼らは、短時間の睡眠でも疲労を残さず、元気を養う方法を知っているからです。








お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.