生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


逆境に強い人の眠り方


◇ 満足の伴う「いい睡眠」をとって、疲労を取り除き、明日への英気を養うのが第一の目的ですが、それだけではありません。


「よかった、ありがとう」を習慣化することには、ほかにも多きなメリットががあるのです。

それは、「逆境に強い自分」をつくる効果です。



◇ なぜ、「逆境に強い自分」がつくれるのでしょうか。

それは、毎晩寝る前に「よかった、ありがとう」と思うことによって、脳の中にある「よかった」と感じる神経回路の感度を強化することができるからです。

脳の中には、さまざまな神経回路があります。

「よかった」と満足を感じる神経回路もあれば、「だめじゃないか」と感じる神経回路もあるのです。


◇ 失敗や不測の事態など、悪いことに直面すると、たいていは「まずい」「このままではダメだ」というマイナス方向の神経回路が働きがちです。

「まずい」と感じる神経回路が強く働いてしまうと、冷静さを失い、判断を誤ったり、つまらないミスを繰り返したりして、ますます事態を悪くすることになります。

けれども、「よかった」と感じる神経回路が働くと、たとえ失敗したとしても、「よかった。今のうちに失敗をしておいて、この失敗で計画のデータを補強できる」「よかった。誰もが実力を試されるいいチャンスだ」というように、前向きに考えることができるようになるのです。


◇ 何かにつまずいて転んだとき、「こんなところに誰が物を置いたんだ。危ないじゃないか」と当り散らすか、「ああ、骨折しないですんだ。よかった」と思うか。

この差が、危機的な状況において精神的な余裕の違いとなって現れてくるのです。


◇ ピンチになっても動じることなく、タフに対処できる能力。
これは、スポーツ選手だけでなく、一般の人びとにとっても重要な能力です。
仕事においても、日常生活においても、いつ何時ピンチがやってくるかわかりません。

そういうときに、慌てず騒がず冷静な対応ができるチカラを鍛えることにも、寝るときの「よかった、ありがとう」が効果を発揮するのです。








お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.