生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


夜眠られないときはどうする


◇ 仕事や家庭のこと、あるいは恋愛関係で悩んでいる人は、精神的な悩みが深くなかなか寝付けないものです。

たとえベッドに入ったとしても、心配が重なって、夜中に何度も目が覚めては、トイレに行き、これの繰り返しです。



◇ 疲れているのに、なかなか寝付くことができない。
眠ろうとすればするほど、目がさえてきて眠れない。
明け方になってやっとウトウトできますが、すぐに起床時間を迎えてしまい、ますます疲労感が重くのしかかってくる。

こんな場合、なかなか眠れないのなら、本を読んだり、テレビを見たり、好きなことをすれば良いでしょう。
そのうち、なんとなく眠くなってきたなら、そのまま眠ればいいのです。



◇ 眠れないときのもっとも効果的な対処法は、無理して寝ようとしないことです。
ですから、眠れないときは、時間を得したと思うのがよい方法です。

寝付けないときに、「眠らなければならない」という思いが強すぎますと、かえって神経が研ぎ澄まされ、眠れなくなってしまいます。
そういうときは、無理に眠ろうとせず、貴重な時間をもらったと思うことです。
その時間に、好きな本を読むことができるし、たまった書類を片付けることもできます。

これからの仕事の段取りを考えることもできるでしょう。

◇ このように、眠れないことを否定的に考えるのではなく、肯定的に受け止めれば、時間ができたことに満足感が生まれます。
そうすれば、ドーパミンが分泌されやすくなり、自然と眠くなってくるはずです。


◇ そして、もう一つ大事なことは、たとえ睡眠時間が2、3時間であったとしても、目覚めたときは大きく「背伸び」をして「よく寝た、気持ちいい」と思うことです。
実際の睡眠時間がわずかでも、眠った時間を肯定的にとらえることで、疲労感や虚脱感を軽減することができるのです。









お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.