生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


「疲れをためない」生き方


◇ 毎日の生活の中でもっとも満足を感じること。
それが、疲れをためない秘訣です。


秘訣と言っても、当たり前のことを当たり前にするだけなのですが、いまは、その当たり前のことを忘れてしまっている人が多く見受けられます。

たとえば、「ありがとう」という言葉。
仕事であれ、家庭であれ、普段の生活に「ありがとう」という言葉は欠かせません。



◇ 人から何かをしてもらったら、「ありがとう」というのは当たり前のことです。
しかし、いま、素直に「ありがとう」といえる人がどれだけいるでしょうか。
「ありがとう」ということは決して損なことではありません。
それどころか、「ありがとう」と素直に言える人ほど、満足感が得られやすく、疲れにくい。

そう言っても過言ではありません。


◇ ですから、「ありがとう」はどんどん言ったほうがお得なのです。
なぜ、「ありがとう」という感謝の言葉を素直に言えない人が増えているのでしょうか。
プライドが高すぎるからなのか、感性が鈍いからなのか、あるいは、面倒くさいからなのか、恥ずかしいからなのか。



◇ 理由はさまざまでしょうが、なかには、周囲に対する要求値が高すぎるため、感謝の気持ちを抱くことができないという人もいるようです。
何かをしてもらって、「このくらい当たり前」「ここがダメ、あそこがダメ」などとすぐにアラを探してしまうのです。

そのため、ちょっとのことでは満足することができず、「ありがとう」と感謝の気持ちを持つこともできないのです。

理由はともかく、「ありがとう」が言えない人は、脳の満足度が低いことは確かであります。


◇ おおげさな態度をする必要はありませんが、喜びや満足している気持ちを笑顔と「ありがとう」という言葉で表すことが大切なのです。

それが習慣になると、今度は、相手に対して感謝の気持ちを示すことが、自分自身の喜びとなり、気持ちがいいことだと気づくはずです。

「ありがとう」ということ自体に心地よさを感じ始める自分の気づくでしょう。そうなれば、しめたものです。
脳に満足の信号が送られ、ドーパミンの分泌がどんどん促進されるからです。

いつの間にか、あなたも「疲れをためにくい元気な人」に変身しているはずです。








お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.