生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


爽やかな目覚めを習慣づけよう


◇ 朝、気持ちよく目覚めるためには、寝起きの背伸びの後、もうひとつ大切なことがあります。それは、背伸びした後に「今日は気持ちよく寝たなあ」と思うことです。




たったこれだけのことですが、頭が驚くほどスッキリします。

◇ なぜ、「気持ちよく寝たなあ」と思うことが重要なのかというと、それは「気持ちよく寝た」と思うことで、満足感を脳に伝えやすくするためです。

背伸びすることによって、体に刺激をあたえることができ、それに加え、「気持ちよく寝たなあ」ということによって、精神的にプラスの評価をあたえてやるのです。

そうすれば、脳は「いい快適睡眠をとった」と認識するため、満足感に満たされ、その結果、疲労感のない爽快な目覚めを迎えることができ、朝から元気モリモリで活力が湧き上がってくるというわけです。


◇ 「目覚めるとき」だけにかぎらず、ものごとに対してプラスの感情を持ち込むのは大事なことです。



仕事で頑張った人に対しては、「よくがんばったな」とプラスの評価をする。食事をしておなかが一杯になったときは「おいしかった」とその事実にプラスの評価をする。
そうすることで、簡単に満足感が得られるのです。


◇ ここ最近、プラス思考することの重要性がさかんに言われていますが、それは精神的な作用だけでなく、身体的な疲れの軽減にもつながることです。

言うまでもないことですが、疲れを感じている人より、疲れを感じていない人のほうが気力・体力ともに充実しているし、行動的です。

それがさまざまな活動において、大きな差をもたらすことは想像に難くありません。

疲れがたまった状態では、なかなか前向きな気持ちがおこらないし、何かやってやろうという積極的な気持ちもうまれないでしょう。






お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.