生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


「睡眠時間3時間」でも、なぜか目覚めスッキリ


◇ 忙しいビジネスマンや、子育てに追われているお母さんの中には、睡眠が十分に取れず長期間の睡眠不足で悩みを抱えている方も多いことでしょう。
そういう人こそ、「ああ、今日も快適によく寝た」と思うのがよいのです。




「まだまだ睡眠不足だ」と感じているのに、「快適によく寝た」と思えるはずがないと思われるかもしれませんが、それでもあえて「今日は、快適によく寝た」と思うようにしてみてください。

むしろ寝不足を感じているときこそ、「快適によく寝た」と思い込むことが重要なのです。
なぜなら、脳はじつに思い込みに作用されやすい器官だからです。
なにやらうさん臭いと思うかもしれませんが、自己暗示の効果をバカにすることはできません。


◇ 脳は、その人が思い込んだ方向に働こうとしますので、「よく寝たなあ」と思えば、脳は体全体に「快適によく寝た」というシグナルを送り、体の活性化をうながすのです。

逆に、「ああ、全然、眠れなかった」「睡眠不足だ」と思ってしまうと、脳にマイナスの自己暗示をかけることになり、脳がいったん寝不足だと思い込んでしまうと、その思い込みを覆すのは困難になるのです。

そもそも、睡眠は何時間取ればいいという明確な定義はなく、睡眠時間が少ないと短命になりやすいという研究結果もあるようですが、その一方で睡眠時間が多すぎても寿命は短くなるというデータがあったりします。

「8時間寝れば十分で、6時間では少ない」などという科学的な根拠はないのです。



◇ 睡眠時間がどれだけ必要かについては何の根拠もないのですから、睡眠不足という状態は極めて主観的な思いということになります。

自分で適量と考えている睡眠時間も、「自分は8時間寝ないと調子が悪い」という人もいれば、「4時間も寝れば十分」という人もいて千差万別です。

◇ さらに言えば、自分が考える睡眠の適量時間も不確かです。

8時間以下だから寝不足で8時間以上だから十分な睡眠だというのは、単なる思い込みに過ぎません。
つまり「自分は十分に睡眠をとっている」と思えば睡眠は十分に足りており、「まだ寝足りないな」と思えば睡眠不足ということになります。

要は、脳がどう思うかですが、脳がどう思うかは自分でコントロールすることができるのです。
そのためには、たとえ3時間しか睡眠時間がとれなくても「ああ、今日は気分良く寝た」と思うことが重要なのです。







お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.