生活習慣病予防のために健康診断を受診し、食事バランスの改善、適度な運動、それに上手な睡眠・快眠で疲労やストレスも解消しよう

Menu ▼
 生活習慣病の予防と
睡眠による疲労ストレス解消法
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう
(外部リンク)健康で長生きするための秘訣
跳んで走って健康づくり
食事バランスを見直そう
自分の体を知ろう
ガンを事前にチェック
酒・タバコの健康学
太る人と太らない人の相違は?
健康診断はアフタ・ケアが大切
疲労とストレス解消法T
疲労とストレス解消法U
睡眠・快眠で疲れを取ろう


「あと5分」「あと10分」を簡単に断ち切る方法


◇ 目覚まし時計がリンリンと音を立てる。


眠い目をこすり、時計をチラリと見る。
ああ、もう起きなければならない時間だ。
でも、あと10分だけ。10分たったら、パッと起きよう。



こんな経験はみなさんにもあるのではないでしょうか。
眠いときは、ついふとんの中でグスグスしてしまうもの。


◇ 特に、冬の寒い朝は、あと5分、あと10分と起きるのを先延ばししがちです。

しかし、疲労回復と気力充実という観点から見ると、起きるのをズルズルと先延ばしにするメリットは、ひとつもありません。


休日ならまだしも、仕事のある平日にこのような目覚め方をしてしまうと、その日一日中、スッキリしない気分で過ごすことになるかもしれません。

「あと10分だけ」「あと5分だけ」とグズグズふとんの中にこもっているのは、当然、まだ寝足りないという気持ちがあるからです。
「もっと寝ていたい」という思いは、寝られないことに対する不満の裏返しです。

あと5分寝ようが、10分寝ようが、その不満は解消されません。



◇ 不満を抱えた状態で目覚めるわけですから、脳からドーパミンが分泌されずに、一日の始まりから、つまずくことになるのです。

結局のところ、5分や10分睡眠時間を延ばしたところで疲れが解消されるわけではないのです。

むしろ、寝たりないという不満が増幅され、疲労回復や気力増進にはマイナスの効果を及ぼす可能性のほうが大きいのです。

逆説的な言い方になりますが、毎朝眠いのは睡眠が足りないのではなく、睡眠が足りないような気にさせる起き方をしているということです。

寝床でグズグズせず、目が覚めたらグッと背筋を伸びをして、「ああ、今日もよく寝た」と思ってみる。

たったこれだけのことで、朝から気力・体力ともに充実した気分になれるのです。







お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
心とモノの掃除力で恋愛力と開運力を高めよう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方
採用される履歴書・職務経歴書の書き方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学

Copyright (C)2015. 生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法 All rights reserved.